So-net無料ブログ作成
ウイルス(ワクチン) ブログトップ

ワクチンって? 感染症、ウイルス、細菌 [ウイルス(ワクチン)]

ワクチンは感染症を予防するものですが、副作用がないわけではありません。
軽くは発熱・・・  ですが、死亡する例もあります。
くわしくは、動物医薬品検査所のこちらで検索してみて下さい。

そんなことも起こる、ワクチンですが、
病気を予防してくれますので、自分の子供も含めて、動物にも行うわけです。
(予防のために体調を崩すのは誠に残念ですが、人のワクチン程安全であるとは言い切れません。)


犬のワクチンがある感染症   5種 8種~
  狂犬病    
  ジステンパーウィルス感染症
  パルボウィルス感染症
  犬伝染性喉頭気管炎(犬アデノウイルス2型)
  犬伝染性肝炎(犬アデノウイルス1型)
  犬パラインフルエンザウィルス感染症
  レプトスピラ感染症  
  コロナウィルス感染症  

犬用のワクチンは、2種、5種、8種以上となりますが、上の様な感じに分かれます。もちろんワクチンの製造元によって違います。
数が合わないのは、犬アデノウイルス2型で1型が防げたり、レプトスピラは細菌で何種かありますので、都合、数が増えるわけです。


猫のワクチンがある感染症   3種 4種
  狂犬病    
  汎白血球減少症ウイルス
  猫ヘルペスウイルス1型
  猫カリシウイルス
  猫白血病ウイルス  

猫用のワクチンは、3種、4種となります。
[当院では現在、白血病のワクチンは行っておりません。(かなりの発熱、元気消失が生じるので)]



接種上のポイントは人と同じで、時期と回数ですね。
下は3回の例です。(ある程度成長してからは、2回の時もあります。)
ワクチン概略.png
子供の頃数回必要なのは、1回では感染を妨げるだけ免疫力がついていないからで、
1度免疫がついてしまえば、あとはほとんどOKでしょうが、徐々に免疫が低下するので追加接種が必要となるわけです。
どの程度予防できるかは、検査(抗体価の測定)によってある程度確認できますが、実際問題(おもに費用)として、
なかなか確認までされる方はおられないのが実情です。
(ワクチンの追加接種より数倍費用がかかります。)


もちろん母乳で育てているのであれば、親からの免疫がありますね。
ですが、徐々に免疫が低下してくるのでやはりワクチン接種が必要となるわけです。
細かいようですが、親の免疫はワクチンを抑える様に働きますから、さらに時期が重要となるのです。
(ワクチンのタイプによっては親の免疫と反応しないものもあります)


ワクチンを打ったので大丈夫?

残念ながら、大丈夫とは言い切れません。
人のインフルエンザ程ではありませんが、
ウイルス、細菌のタイプによって、またその動物々の反応によってまちまちです。
なので、100%感染しないということはありませんので、その辺はご理解ください。


ワクチン防疫でよくいわれるのが、チャールズ・ニコルの法則(Charles Nicolle’s law)ですね。(シャルル・ニコル???)
今度は個体レベルではなく、集団レベルの予防はどうかということです。
チャールズニコル概略.png
簡単には上図のように4マスのうち3マスがふさがっていると広がらないというものです。
この場合、75%以上あればOKというわけです。

残念ですが、動物の移動や、気候、伝播経路など細かい事があるので実際にはもっと高い値になって、
それを、herd immunity threshold (HIT)と言って色々計算があるようです。

Vet. Ital., 40 (4), 611-615 によると、
牛(ブルータング:レオウイルスで、カによって媒介)のお話ですが、
80%ではOK、場所によっては95%~99%でもだめなことがあったそうです。
防疫も難しいですね。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット
ウイルス(ワクチン) ブログトップ